アニメ『血界戦線』のオリジナルサウンドトラックが北米とヨーロッパで発売されます。

BBB_Cover_RGB300_900px

 

アニメ『血界戦線』のオリジナルサウンドトラックが8月12日に北米とヨーロッパで発売されることになりました。
近年『バードマン〜あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『デッドプール』、『レヴェナント』といった名サントラを生み出してきた老舗レーベル、Milan Recordsから発売されます。
ハンス・ジマー、クリント・マンセル、エンニオ・モリコーネ、クリフ・マルチネスなど錚々たる作家達と肩を並べて発売出来るというのは本当に嬉しいことです。
また、国内勢は固より本作に参加してくれた北米のRie Tsuji、BIG YUKI、Yuki Kanesaka、そしてイスラエルのShira Z.Carmelといった海外勢の居るところで発売に至った事は正に幸甚の至り、といったところです。

アニメが放送していないうちから「音楽がいいから」という理由だけで、直接コンタクトを取り(最初はスパムメールかと思いましたが……。)会いに来てくれたMilan RecordsのCOO、Jean-Christophe氏には多大な感謝を。

北米とヨーロッパの皆さま是非ご贔屓のほどよろしくお願いします。

“Blood Blockade Battlefront” (“Kekkai Sensen”) animation original sound track is coming out on August 12th.
It will be released from Milan Records.
I’m very honored to put out it from the same label publishes masterpiece like“Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)” , ”DEADPOOL”,”The Revenant”.
COO of Milan Records came all the way to Japan just because he likes music.(anime program was not even on the air at US )and realized publishing at overseas market.

I appreciate all musicians, none of this would be possible without them.
Thank you so much.

Pocket

TVアニメ『血界戦線』オリジナルサウンドトラック発売

血界戦線オリジナルサウンドトラック

 7/15にTVアニメ『血界戦線』オリジナルサウンドトラックが発売になります。
 作り始めたのは去年の今頃、随分と長い付き合いになったような気がしています。
 監督と打ち合わせをし、アイデアを出すたびに周りの人たちが
 「うええぇぇ、まじかよーー」
 という表情になっていったのが最早懐かしい。

 ニューヨーク、東京、ボストン、テルアビブに渡る面倒な制作に根気よく付き合って頂いたスタッフ、ミュージシャンの皆さま、有難うございました。

 四月からの三ヶ月間は毎週番組が楽しみでした。
 本当に良い作品に巡り合えて光栄でした。

 と、なるところが。

 まだ、アニメの最終回が出来てないっつー。
 こんなことあるのか。

 以下、公式サイトより
———————————————————
「血界戦線」の最終話(#12)を、
7月4日にMBSにて、7月5日にTOKYO MXおよびBS11にて
放送させて頂くとあらかじめお知らせをしておりましたが、
この度、放送を延期させて頂くこととなりました。
最終話の分量が想定よりも多くなってしまった為、
30分の放送枠では放送することができないと判断を致しました。
最終話につきましては、改めて放送枠を調整致しまして
拡大版として放送をさせて頂く予定です。
楽しみにして下さっている視聴者の皆様をお待たせしてしまう形になり、
誠に申し訳ございません。
———————————————————

 こんなことあるのか。(ないですね。)

 まったく、面倒な作品になったものです。
 でも、ご存知の通り素晴らしいクオリティの作品ですんで、最高の最終回が観られることでしょう。(いつか)

 それまではですね、乾坤一擲、オリジナルサウンドトラックを買ってですね、なんならご家族、ご友人、お知り合いの皆様に薦めて頂いてですね、来たるべき最終回を楽しみに待っていて貰えれば幸甚です。(宣伝です。)

 では、引き続き(本来なら終わっていたはずの)『血界戦線』を御愛顧賜わりますよう、お願い申し上げます。

岩崎太整

Pocket

ピエール中野「Chaotic Vibes Orchestra」発売

news_header_Pinakano_ChaoticVibesOrchestra_JK

 本日8月13日、凛として時雨 ピエール中野ソロアルバム「Chaotic Vibes Orchestra」が発売になりました。
 昨年から準備を始め、ようやく発売する事が出来ました。今まで映画やドラマのサウンドトラック、楽曲提供という意味では何枚かCDを出してきましたが、プロデューサーという立場では初めての盤になります。そのため個人的にも非常に思い入れの強い作品になりました。

 ピエール中野という人は「巫女」であると思います。(当年とって34歳、僕より一つ下。世間的には歴としたオッサンに当たりますが。)
 彼に口寄せられ集まってきた人々が、彼を媒介として放つ玲瓏たる才能。今回のプロジェクトに関して僕がプロデューサーとして最も意識した事は「遮らない」という事でした。
 かつてガッツ石松や井岡弘樹、柴田国明らを育てた名トレーナー、エディ・タウンゼントに教えを請う様な気持ちで臨み、彼と共に作った作品が「Chaotic Vibes Orchestra」です。

1.「Animus」

 ドラムオーケストラという前代未聞の企画に管弦を加えボーカル曲として仕上げた作品です。ピエール中野本人がドラマーに直接声を掛け集まった、謂わばドラム一個師団。その上で品やかに踊るORIGAのボーカル。録音物としてもこのサイズの録音というのは類を見ないものだと思います。
 全てが手探りの中、作曲をしている時にイメージしていた通りに作品が完成した時には興奮を覚えました。

 「Animus」は意思。
 人々の「転機」にテーマ曲として聴ける、そんな曲になればと思っています。

2.「SORA feat.カオティック・スピードキング & KYONO」

 彼が以前からやっていた即興インストバンド、カオティック・スピードキングにKYONO (ex THE MAD CAPSULE MARKETS, WAGDUG FUTURISTIC UNITY, T.C.L)を迎えて完成した楽曲です。
 ハードでテクニカルなサウンドを引っ張れるボーカルといえばKYONOさんしか思いつかない。レコーディング前のミーティングではそんな話が出ていたので、オファーを快諾して頂けた時には瞠若驚嘆。そして素晴らしいボーカルを吹き込んで頂きました。
 もう1点、この曲のトラックダウンは凛として時雨のTKさんです。元々トラックダウンも自身で行うという事は聞き知っていたのですが、今回の出来上がりを聴いた時には戦慄を覚えました。(共に作業していたスタジオエンジニアは白旗を上げていました 笑)。それほど素晴らしいミックスだったと思います。

3.「チョコレイト・ディスコ」

 9mm Parabellum Bulletの滝善充さんと一緒に作りたいという要望を受け、素晴らしいメンバーと共に実現したPerfumeのカバー曲です。
 ピエール中野は知る人ぞ知るPerfume大ファン。ファンクラブ発足時から加入し、一時期は自身のプロモーション時のコメントにもPerfumeの事ばっか書いていたという、正にPerfume馬鹿一代。Perfumeの為なら片眉剃って清澄山に籠るんじゃないか、という程です。
 その愛情に滝君の素晴らしいアレンジが加わり、クラムボン・ミトさんのベース、大森靖子さんのボーカルが乗る。Perfumeの楽曲とは真逆のフィジカルなチョコレイト・ディスコが出来ました。
 全て人力で録音しようと言ってしまった手前、編集等一切無し。全部自分たちで弾いています。僕も写経の様なつもりで、あのフレーズをシンセで全て弾きました。
 つ、、疲れました。

4.「double pendulum」

 自分のフレーズやサウンドをリコンストラクションして楽曲にしてみたいという発想に、agraphこと牛尾憲輔さんが合わさって出来上がった作品です。あらかじめ録音しておいたドラム素材を牛尾さんに渡して、暫く待っていたらとんでもないものが上がってきました。
 「double pendulum」、ピエール中野とagraphという2つの振り子が打つかり合うサウンド。本アルバム唯一のインスト曲ですが、珠玉の一曲になっていると思います。

5.「T.A.M.A NETWORK feat.玉筋クールJ太郎」

 そもそも(ピー)、僕が思うに(ピー)という様な下ネタばかりが列挙される事自体(ピー)、これ、(ピー)して大丈夫なのかな、と心配しながら(ピー)して(ピー)した楽曲です。
 個人的な事ですが、10代の頃(ピー)を(ピー)する(ピー)に、対して(ピー)した、(ピー)は今となっては良い思い出です。
 そんな(ピー)曲ですが、これを聴いて(ピー)して貰えると幸いです。

 本アルバムはドラマー・ピエール中野のみならず、ピエール中野のパーソナリティそのものを投射して完成した作品だと思います。
 5つの曲、その内の1つでも琴線に触れたら嬉しいです。
 
 そして本日から「Animus」のMVも公開になりました。iTunesストアでは配信限定で「Animus」のドラムパートのみの発売も開始されています。

 本日よりピエール中野「Chaotic Vibes Orchestra」発売開始です。
 是非よろしくお願いします。

http://www.pinakano.jp/cvo/

Pocket